プレミアム手相
images-253images-441


自分の運勢を占う

自分の手相について、なんとなく話題になることはあっても、自分の手相をきちんと見てもらったり自分で見たりしたことのある人は少ないかもしれません。占い好きな女性はともかく、男性にはあまり縁がありません。そもそも手相の見方が難しくて分からないと思っているかもしれません。

手相は日々変わっていくもので、運命のように決められてなかなか変えられないものでなく、現状の運勢を占うことが得意とされています。そんな手相の見方の基本を簡単にでも分かっていると、良い運勢を引き寄せる手助けとなります。男性も、手相占いを知っておくと女性との話のタネになるのでおすすめです。

まず手相を見るときは右手?左手?

手相占いをするときに、真っ先に疑問に思うのが右手と左手どちらの手を見るべきなのかということです。普段意識していなくても、よく見ると右手と左手で手相に違いがあるのが分かります。どうしてこのような違いがでるのでしょうか。

右手・左手の手相の意味

一般的によく言われる、左手が過去、右手が未来を表しているという話は聞いたことのある人も多いでしょう。実は、手相占いでは、利き手に後から備わった運勢や現状が現れ、利き手ではない方に先天的な持って生まれた運勢や能力が現れていると言われています。

日本人は右利きの人が圧倒的に多いので、一般的には右手が現状を表し、左手が潜在的なポテンシャルを表していると簡単に言われています。ここでも右手が現状、左手が持って生まれた潜在的な運勢として紹介します。

見る手は決まっていない?


では、手相占いでは右手と左手、どちらの手を見るべきなのでしょうか。良い運勢だった方を信じれば良いのでしょうか。

答えは簡単で、右手と左手を総合的に判断することです。例えば、利き手である右手の運勢が悪く、左手が良い運勢だった場合の手相の見方としては、今は運勢が良くなくても、潜在的には良い運勢にあるのでこれからの行動次第では良くなる可能性が高いと判断する、などです。

男性と女性で見方の違いはある?


男性と女性では見る手が反対だと言われることがあります。しかし、男性と女性どちらも手相の見方の基本は変わりません。

男性でも、右手が現状、左手が潜在的な能力です。ただ、その運勢が女性にとっては良い運勢でも男性にとってはそうでない可能性はありますし、男性にとっては良い手相も女性にとっては良くないという可能性もあります。例えば男性の場合、結婚運が良くても仕事運が悪いと運勢としてあまり良いとは感じない事もあるからです。

手相占いの基本である7大線とは

手相の見方の基本といえば、掌の線つまり掌線(しょうせん)で占う方法です。その中でも7大線と言われる7つの線が手相占いの基本とされています。7大線は、生命線、知能線、感情線、運命線、太陽線、財運線、結婚線の7つの掌線のことを言います。

簡単な手相の見方【生命線】


7大線の中でも、一番簡単で分かりやすいのが生命線です。占いに疎い男性でも生命線が短いと寿命が短いという話くらいは聞いたことがあるでしょう。

手のひらを開いたときに、親指と人差し指の付け根をつないだ真ん中くらいからカーブしながら手首の中央あたりに向かって伸びているのが生命線です。人によってはカーブがきつかったり、手首の方まで伸びていなかったりしますが、生命線がないという人はほとんどいないので簡単に見つけられるでしょう。

生命線で占えること

生命線は、その名の通り、生命力に関わりがある線です。生命力ですから、寿命だけでなく、健康の状態や体力、生命に関するトラブル、気力など自分の体のエネルギーについて読み取ることができます。

生命線の見方


生命線を見るときにはまず、全体の印象を捉えましょう。長さや濃さ、カーブの強さなどを確認しましょう。長く、濃く、カーブの始まりが中指の真下に近づく大きなカーブを描くほど、生命エネルギーが強いのでバイタリティに溢れ、優れた行動力を発揮するといえます。

また、生命線は、その流れに沿って年齢を表しています。指に近い方が若い時期、手首に近いほうが老年期といった具合です。手首に近いほうが濃くはっきりしているなら、若いうちはエネルギーが弱く年を重ねると生命エネルギーが強くなる大器晩成タイプです。

注意すべき生命線


生命線が短かったり、薄かったりすると、生命力に関わると言われて不安になる人もいるかと思います。また、生命線の基本の見方で良い運命だったとしても、注意しなければならないポイントもあります。

生命線が短い、薄い


よく、生命線が短いと短命だと言われることがありますが、生命線が短くても長生きしている人はいます。生命線が薄くても同様です。

生命線から性格を読み取ることもできます。生命線が短い、薄いのはどちらかというとインドアで肉体労働よりも思考が得意で、繊細、思慮深く賢い人に多いとも言われますので、あまり気にしすぎることもありません。

しかし、生命線が濃く長い人に比べると生命線が短い、薄い人は生命エネルギーが弱く、体調を崩したり気力が落ち込んだりしがちです。普段から自分の体調にしっかりと気を配って生活すると良いです。

途中で途切れている


生命線が途中で途切れている場合、どのあたりで途切れているかに注目してください。途切れているあたりの年代で生命に関わる事故や病気をする可能性があります。健康管理や安全に十分注意しましょう。

また、途切れた後新しく出ている生命線は親指側、小指側どちらに出ているかも重要です。親指側に出ている場合、事故や病気がきっかけとなって生命力が弱まることが考えられますので特に注意が必要です。

障害線がある


生命線を見ていると、生命線を横切るようにいくつか線が入っているのに気づくことがあります。これは障害線と言われ、生命線が途切れている時と同じように線のある時期に事故や病気をする運命にあることを表しています。この線が濃いほど大きな事故や病気に繋がりやすいので注意が必要です。

右手・左手の生命線からわかること


左手の生命線は持って生まれた生命力や生命に関する運命を表しています。右手は現在の生命エネルギーが読み取りやすいです。

左手よりも右手の生命線の方が薄い場合、元々の生命力が強くても、現状は生命力が弱まっているのです。元のエネルギーが強いからといって自身の健康を過信するのは危険です。逆に左手の生命線が弱い場合でも、生活習慣や健康に気を配ることによって生命エネルギーが強くなり、右手の生命線がはっきりと出る場合もあります。

簡単な手相の見方【知能線】


知能線は頭脳線とも言われています。多くは生命線と同じあたりから、手のひらの真ん中あたりから出て手のひらのちょうど中央あたりに緩やかなカーブを描き伸びている線ですが、知能線は特に人によって様々で個性があります。

知能線で占えること


知能線からは、頭の良さや才能、個性やその人の考えや考え方の傾向、行動パターンや判断に費やす時間など、頭脳に関する様々なことを占います。考え方の傾向から向いている職種を知ることも可能です。

知能線の見方


知能線の基本的な見方は、長さと傾きです。知能線の長さは、その人の思考にかかる時間を表します。短い人は即決即行動タイプです。直感で物事を判断するので失敗をすることも多いですが決断力はあり、頭の切り替えも早いです。長い人は熟考タイプで、頭の良くクールな人に多いと言われます。思慮深く理性的ですが、心配性な一面もあります。

傾きは多くの人は下向きの緩やかなカーブを描いています。真っ直ぐに近いほど現実主義者だと言われています。大きく下向きにカーブしている人は夢見がちでロマンチストです。芸術や企画などアイデアが必要な仕事に向いています。

稀に知能線が上向きにカーブしている人がいますが、これは感情よりも理性や理論を重視するタイプです。損得など計算が得意で仕事のできる人が多いです。

注意すべき知能線


知能線は頭脳に関わる手相ですが、考え方は十人十色なのでその手相にも個性が強く現れます。自分が普通だと思っていることが、実は他の人から見ると驚かれるようなことである可能性もあるのです。

始まりが生命線と離れている

知能線の始まりが生命線と離れている人は、男性よりも女性に多く見られ、人とは異なる大胆な発想や思いもつかない行動を取ることが多いです。固定概念にとらわれず柔軟に考えることが得意なので、仕事では企画や営業などに向いている良い手相でもあります。

しかし、日常生活では変わりものと言われることが多い手相でもあります。発想自体が大胆なので、周りの人に驚かれたり、言っている事がコロコロと変わるので考えずに行動しているように見られたりします。

両手ともに生命線と知能線が離れている人や、片手でも大きく離れている人はこの傾向がより強く出ます。自分の行動によってトラブルが起きたり、周りに理解されづらいという自覚があったりする場合には行動する前に一呼吸おくなど注意が必要です。

知能線が薄い


知能線がないという人はほとんどいませんが、ないと思われる人は見えないくらい知能線が薄い可能性があります。この手相の人は自分というものがあまりなく、自分に自信が持てないために人の意見に左右されやすいタイプです。人によって意見は違うので、正しい判断ができなくなることもあります。人の意見を聞くのもほどほどにしましょう。

知能線の先が分かれている


知能線の先が枝分かれのように分かれている人もいます。これは別の分野にも才能を発揮できる手相で、二股に分かれている場合には問題はなくむしろ良い手相とされています。

注意が必要なのは三股以上に枝分かれしている手相です。このタイプは他分野に置いて才能に恵まれているタイプですが、飽きやすい面もあり、コロコロと転職を繰り返したり、結局成功を掴む前にやめてしまったりする事があります。何かに取り組む際には、やめられない状況を作るなど工夫が必要です。

右手・左手の知能線からわかること


左手の知能線は潜在的な思考力を表しています。自分が本来持った思考力や考え方のパターンと言えます。右手は現在の思考力です。

手相は変わっていきますから、左手の知能線が下に大きく下がっているロマンチストであっても、大人になり現実を知ることで右手は緩やかなカーブになっている人もいます。現在の思考を知りたい場合には右手の知能線をみると良いです。

左手の知能線が長い熟考タイプの人が即決力を求められる職につくなど、自分の潜在的な思考とあまりにかけ離れていると自分の知らぬ間に無理をする可能性があります。知能線のカーブでも向いている職種がある程度絞れるので、思考パターンによる向き不向きは左手の知能線を確認します。


引用kirari-media.netプレミアム手相